HOME > FAQ

FAQ

海外留学では誰もが分からないことがあるかと思います。
留学準備の段階から、実際に留学した後など、フィリピン語学留学に関するよくある疑問や質問をご紹介します。
もし下記の内容に掲載されてない場合は、お気軽にお問い合わせください。

留学準備に関して

英語が話せなくても大丈夫ですか?

大丈夫です。学校入学後にはレベル分けテストが行われ、各学生に合ったレベルで学習します。多くの留学生はビギナーレベルや初めての留学でフィリピンへいらっしゃいます。

現金はどのくらい必要ですか?

個人によりますが、2週間の滞在で学校へ支払う現地費用の他に5千円~1万円が目安となります。両替は、学校入学後のオリエンテーション時に、最寄りの両替所や学校でできます。現地で現金が足りなくなった場合は、国際キャッシュカードを使い、現地のATMでお金を引き出して使う形をおすすめします。

日本の電化製品は使えますか?

携帯電話の充電、ウォークマン、MP3プレーヤー、髭剃り、パソコンなどは、世界中どこでも使える国際対応になっている商品が多くなっております。国際対応の商品の電圧表記には、100~240Vと記載してあります。国際対応の電化製品であれば変圧器を使うことなく、そのままフィリピンのコンセントに差して使うことが可能です。また、電力が大きいドライヤー、電気ケトル、電気ヒーターは変圧器を通しても使えないケースが多くなります。そのため、ドライヤーは日本で予め国際対応の商品を購入するか、または現地で購入する必要があります。

変換プラグは必要ですか?

フィリピンのコンセントの形状は日本と同じAタイプですので、不要です。

変圧器は必要ですか?

まずは、ご自分が持っていく電化製品のアダプタ部分を見てみましょう。パソコンのACアダプタや携帯電話の充電器などのアダプタ部分には、対応電圧が記載されています。100~240V と表示されている場合は、世界中で対応していることになりますので変圧器は必要ありません。電圧が100Vとだけ表示されている場合は、日本国内でしか使用できない電化製品となりますので変圧器が必要になります。

ビザ、必要な手続きについて

事前のビザの申請は必要ですか?

フィリピンでは30日間までビザなし(観光ビザ)で滞在が可能です。超える場合はビザの延長が必要となります。その場合も語学学校で代行手続きをしますのでご安心ください。 ただし、15歳未満の未成年者が、単独または親の付き添いなしにフィリピンへ渡航する場合は、Waiver of Exclusion Ground(WEG)の申請が必要です。詳しくはフィリピン大使館へお問合せください。

SSP、ACR I-Cardとは何ですか?

SSP(Special Study Permit)は「特別就学許可証」です。観光を目的として入国した外国人がフィリピン国内で合法的に勉強するために必要なビザの一種です。発行元はフィリピン法務省管轄の移民局になります。フィリピンで勉強する場合は、短期であっても長期であっても必ずSSPが必要となります。 ACR I-Cardとは、観光を目的としてフィリピンに長期滞在する方、または短期間でも留学や就業する外国人に対して取得が義務付けられている外国人登録証(Alien Certificate of Registration Identity Card, ACRI-card)のことです。これは移民局に登録された外国人のフィリピン法的居住資格の証拠として活用され、フィリピンを訪れる外国人の監視を強化し、簡単に身元の証明を行えるものとなる身分証明書になります。取得が必要な方は、60日以上フィリピンに滞在する全ての外国人です。
どちらも語学学校で代行手続きをします。

ビザの延長費用はいくらですか?

ビザ申請の実費+学校側のビザ申請の代行手数料がかかります。学校によって若干差がありますのでお問合せください。

パスポートの有効期限はどのくらい必要ですか?

パスポートは滞在日数+6ヶ月間以上の残存期間が必要です。

海外旅行保険の加入は必要ですか?

各学校では海外旅行保険の加入を義務付けています。フィリピンでの滞在中に病気にかかったり、入院したりするケースがあります。海外旅行保険、海外留学保険に加入しておくと多くの病院で、キャッシュレス対応が可能です。

どのくらい前に留学申し込みが必要ですか?

学校の寮の空き状況によりますので、ハイシーズン(夏休み・冬休み・GW)の留学を検討の場合は3ヶ月以上前にお申し込み手続きを開始することをおすすめします。希望の学校寮と航空券に空きがあれば最短で2週間程度の手続きも可能です。

費用について

留学期間の途中でキャンセルした場合はどうなりますか?

現地で学校を途中退校する場合の払い戻しについては、各学校のキャンセル規定に従って行われます。
詳細は、当社までご連絡ください。

留学費用には何が含まれていますか?

学校により異なりますので、詳細は当社までご連絡ください。

学校、授業について

いつでも入学できますか?

日曜日に到着、月曜日にレベルチェック・オリエンテーション、土曜日に帰国というスケジュールの語学学校が主です。日曜日の到着、土曜日の帰国でご渡航ください。

カリキュラムやコースの変更は可能ですか?

基本的にはコースの変更は可能です。コースにより値段が違う場合は、追加費用をお支払い頂きます。渡航直前の変更希望は対応ができない場合もございますのでご了承ください。

どのくらいで英語が話せるようになりますか?

渡航前の英語のレベルと、渡航中の受講時間によって効果は異なります。また、海外旅行レベルか、ビジネスで使うレベルかなど、目標によっても「達成度」は異なります。どの程度の英語力が欲しいのか、どういった授業内容が最適かなどをレベルチェックテストで相談できます。

フィリピン人講師の発音やアクセントは問題ないですか?

講師の発音は綺麗ですので、問題ありません。多くのフィリピン人講師は訛りやスラングのないアメリカ英語を使用しています。

現地で滞在を延長できますか?

寮に空きがあれば現地での延長手続きも可能です。フィリピン留学は全寮制になるため、延長希望をしても予約状況によっては延長をお断りする場合もございます。

SRGグローバル株式会社