HOME > 渡航者の声 > 30代会社員1週間

セブ留学は、カナダ留学とは違った
魅力がありました

30代 会社員
First English Global Collegeに1週間留学
  • 学校を選んだ理由を教えてください
  • 日本の学習塾でのノウハウをもとにオリジナルのカリキュラムを作っていると聞いて、他の学校とは違うユニークな学校だと思ったので。
  • 授業についていかがでしたか?

  • 自分に合う授業、合わない授業があったので、もう少し渡航期間が長ければカスタマイズしてもいいと思いました。
    また、日本人向けに塾のノウハウを活かしてカリキュラムが作られていると感じたのは、点数を付けることを意識している点でした。宿題の穴埋め問題や、授業中の作文でも細かく点数を付けられました。個人的な見解では、日本人特有のミスを恐れる傾向が強まるのではないかと少し懸念を感じました。英語力の「見える化」は必要事項ですが、日々の単語テストや週末の単語マラソン、毎月の模擬TOEICで十分ではないかと思いました。
    また個室ではなくオープンスペースだったのは、閉塞感が無くよかったです。程よい雑音があったので、プレッシャーを感じませんでした。
  • 授業の内容は目的に合っていましたか?
  • カナダから帰国後、自身の英語力の衰えを感じており、そのリカバリーが目的でした。バランスよく色々なカリキュラムを受けられたので、自分の足りない点、得意な点が検証できました。
  • 講師はどうでしたか?
  • 全体的にどの講師も意欲が高く、明るい印象でした。ちょっとした雑談からも、文法やイディオムの解説をしてくれました。
  • 一番役に立った授業やプログラムは何ですか?
  •  「Useful Expression(イディオム強化)」はイディオム(ことわざ)だけでなく、Phrasal Verbs(句動詞)や文法のチェックも兼ねており、英語の基礎力を磨くのに非常に効果的でした。
  • 要望はありますか?
  • マンツーマンクラスは50分で十分だと思うのですが、グループクラスは内容によっては時間が足りないように感じました。特にプレゼンテーションやディベートは、毎回発表と質疑応答を駆け足で行った印象でした。そこからより深く意見交換をすることで、討論のレベルまで引き上げると、より良いのではないか思いました。
  • 食事はどうでしたか?
  • 初日の「肉じゃが」の豚肉が臭かった点以外は、美味しい食事でした。ただし、日本のホテル程のレベルではないです。また、野菜は少なめでした。
  • お部屋について(設備・衛生面)はどうでしたか?
  • フィリピンなので仕方ないのですが、虫(蟻)が多かったです。
  • 寮でのサービス(洗濯・掃除等)についてどうでしたか?
  • 一週間の滞在だったので洗濯は利用しませんでした。掃除は週2回入り、シーツ/掛け布団/シャワーカーテンの交換・部屋の清掃・トイレットペーパーの補充をしてもらいました。
  • 学校の職員のサービスはどうでしたか?
  • 皆さん明るく親切に対応してくれました。
  • 要望はありますか?
  • 慣れる部分もありますが、虫の多さがやはり気になりました。
    また、今回は地元の祭(フィエスタ)の時期と重なってしまい、滞在中半分は夜中の2時・3時まで爆音が流れていた為、あまり眠れませんでした。
  • フィリピン留学のプラス面は、どんな所ですか?
  • 1日に8コマも授業を受けられるのは、やはり魅力的と感じました。また地理的に近く時差が1時間しかないので、身体的負担はかなり少ないと思います。
  • フィリピン留学のマイナス面は、どんな所ですか?
  • 日本人が多い為、グループクラスでの活発な発言が無く残念でした。また、授業以外で英語を話さないので、1日8コマの授業を受けていてもカナダにいた時の方が、1日に英語を話す量が多かったように感じます。
  • 目標の英語力に達しましたか?
  • 着実に英語力が上がったので満足しています。
    一週間でも効果があることを、実感しました。
  • 渡航前のイメージとギャップがありましたか?
  • セブに行くのは初めてではなかったですが、学校に一週間も滞在したのは初めてだったので、室内の虫や外の暑さ、騒音には悩まされました。
  • この語学留学はいかがでしたか?
  • カナダ留学よりも1日の授業数が多いので、どのくらいハードなのか心配でしたが、どの授業も楽しく受けられました。また一週間の短い滞在でも、集中して授業を受ければ英語力向上に十分効果があると思いました。

SRGグローバル株式会社